個人でプレイすることは犯罪行為とはならない

犯罪行為が確認されない限りは違法にならない

オンラインカジノで犯罪行為をしていると判断されれば、それは日本の刑法に引っかかってしまうので違法な行為に該当します。
犯罪に該当する行為は絶対にしないように心がけるほか、できる限り犯罪行為に巻き込まれる行為は避けるようにしましょう。

ただ、オンラインカジノで犯罪をしていない場合、日本では摘発するための法律がありませんし、逮捕するためには現行犯が基本です。
オンラインカジノで遊んでいるだけなら、基本的に逮捕されないものと考えてください。

日本では確実に違法とするための法律がない

オンラインカジノが違法として判断されている場合、逮捕できる法律が必要です。
オンラインカジノで遊んでいるだけで逮捕できるという法律があれば、それは違法扱いになってしまうので遊んでいる人は逮捕されてしまいます。
当然ですが、逮捕されてしまえば今後に大きな影響が及んでしまいます。
大きな問題が起こらないためにも、できる限りオンラインカジノで遊ぶ場合は違法ではないことを確認しておきたいのが心情です。

日本ではオンラインカジノで逮捕する法律は作られていません。
オンラインカジノで遊んでいるだけでは逮捕できる状況は作られていないのです。
従って自宅でオンラインカジノを楽しく遊んでいるだけなら、基本的に逮捕されません。
ただ、オンラインカジノを悪質な方法で遊んでいた場合はもちろんのこと、何らかの詐欺行為をオンラインカジノで働いていると判断された場合は、詐欺行為などで逮捕される可能性があります。
個人で遊んでいればほぼ逮捕されないので、個人で遊ぶようにしましょう。

オンラインカジノに関連する犯罪というのはそう簡単に起きるわけでもありませんし、遊んでいるだけで逮捕される可能性は基本的に低いものと考えてください。
稀にライブゲームを監視されているなどの理由で、いきなり逮捕される可能性はあるものの、日本の警察がそのような監視をする余裕はほとんどありません。
しかも逮捕できる法律が現行犯以外で制定されていない以上、遊んでいるオンラインカジノに問題がなければ逮捕される可能性は全くないのです。

オンラインカジノ側が悪質な場合は気を付けたほうがいい

一方でオンラインカジノ側に問題が起きている場合、オンラインカジノが調査に入られている可能性があります。
オンラインカジノ側が警察によって監視されている場合、監視されているオンラインカジノで遊んでいた場合は逮捕される可能性があります。
具体的には、ライブゲームなどでお金を使っている状況を確認された結果、日本人だとわかってしまった場合に逮捕される可能性があります。
ただ、オンラインカジノ側に問題がなければ基本的に逮捕される心配はありません。

オンラインカジノに問題があると判断されるケースというのは、基本的に詐欺行為等を働いている可能性がある場合です。
詐欺行為をしている場合は、運営しているサービスを確認するために警察が監視している場合もあります。
また、オンラインカジノが日本人によって経営されているのではないかと考えられている場合も監視される場合があります。
日本人はオンラインカジノの経営ができないため、違法な賭博行為を提供している目的で逮捕できます。この場合も警察が監視しているケースがあります。

オンラインカジノに問題があると考えられる場合は、オンラインカジノの経営者側を逮捕するために警察が何らかの方法で逮捕できないか検討しています。
監視の段階で遊んでいる日本人がいると確認されてしまえば、日本人も単純賭博罪で摘発できると考えられてしまい、最終的に逮捕される可能性があります。
オンラインカジノで遊んでいた場合に逮捕されるケースがないわけではありませんが、確率はほとんどないものと考えてください。

安心できるオンラインカジノで遊ぶことが大事

一番大事なことは、オンラインカジノで遊ぶ時に安心感が得られるかどうかです。
オンラインカジノは経営している会社等がわかりづらいのですが、有名なオンラインカジノの場合は経営状況が安定しており、しかも知名度の高さなどもあって安心して利用できる場合があります。
本当に安心して遊べるオンラインカジノであれば、違法として判断される可能性は全くありません。
高い知名度を誇り、安心して経営を続けているオンラインカジノを選ぶようにしましょう。

オンラインカジノで問題が起きている場合は、無名のオンラインカジノで遊ぶ場合に起こりがちです。
また、オンラインカジノでは日本人が運営している危ないサイトが存在する場合もあります。
日本人が運営しているところで遊んでいると違法にとらえられる可能性が十分にあります。
ただ、海外の会社が提供している安心できるサービスであれば、問題なくオンラインカジノで遊べるものと考えてください。
基本的にオンラインカジノは違法として扱われていないのです。

日本語対応カジノの多くを占めるソフトウェア

オンラインカジノのソフトウェアについて

オンラインカジノのソフトウェアは非常に重要な存在です。

オンラインカジノのソフトウェアは、実は運営会社が制作をしているというわけではなく、ソフトウェア会社によって制作されており、運営会社がライセンス契約を結び導入されています。

どのソフトウェアが導入されているかによって、ゲーム性が変わってくるのはもちろんですが、信頼性も異なってきます。
故に、オンラインカジノで安全に遊ぶためには、信頼性の高いソフトウェアが採用されているかどうかを確認しておく必要があります。
オンラインカジノにとって、ソフトウェアはシステムの根幹とも呼ぶべき存在なのです。

オンラインカジノのソフトウェアについて

プレイテックはカジノ業界で有名なソフトウェアの一つで、マイクロゲーミングやネットエントなどと同様に信頼性が高いオンラインカジノソフトウェアとして知られています。

そこで、プレイテックというソフトウェアの詳細について見ていきましょう。

プレイテック系のソフトウェアの詳細

プレイテックというソフトウェアは、新興のソフトウェアとしてシェアを拡大している上に、プレイヤーからも評価は高いです。
1999年に登場したのでそれほど長い歴史はありませんが、爆発的にシェアを拡大しています。
話題となったのもここ数年であり、非常に人気が高いソフトウェアの一つです。

特徴としては非常にゲーム性が高く、グラフィックが美しいです。
さらに操作性も抜群ですので、最新ゲームを美しいグラフィックで楽しみたい方にはぴったりです。

また、プレイテック社はロンドン証券にも上場をしていますので、信頼性と知名度が高いです。
信用が高いソフトウェアではないと、やはり安心度が下がってしまいますが、その点ではプレイテック社は問題ありません。

プレイテック社は、非常に多くのオンラインカジノで採用されています。
その理由として、ライセンス料が比較的手頃であるということと、一部のオペレーションの共有化がなされているので、導入しやすいという理由があります。
プレイテック系のソフトウェアを使用しているオンラインカジノは日本語対応のカジノが多く、日本人のプレイヤーも遊びやすい仕様になっています。

悪質なオンラインカジノには注意

悪質なオンラインカジノには注意

オンラインカジノのプレイテック系のカジノというと、それだけで安心というイメージを持つ方がいます。
しかし、プレイテック系のカジノだからといって、全てのカジノが安全とは限りません。

それはなぜかというと、プレイテック系のソフトウェアはカジノの開設をする際の基準が甘くライセンス料も手頃である為、信用性が不明な運営会社でもプレイテック系のソフトウェアを導入することができてしまうからです。
プレイテックを導入しているからといって安全とは限らず、資金力がなかったり、プレイヤーにとって信頼できないようなカジノである可能性も高いのです。
中にはスパム広告を多用しているような、倫理観に問題のある運営業者や、日本人プレイヤーをターゲットにしているような悪質カジノもありますので、くれぐれも注意をしましょう。

日本語ウェブサイトだからといって、安易に始めるのは危険です。

プレイテック系のソフトウェアは波が荒い?

プレイヤーの間ではプレイテック系のソフトウェアは波が荒いとも言われています。
波が荒いというのは、勝つときと大負けするときの差が激しいということです。

波が穏やかな方が良いとされているのですが、プレイテックはこの波が荒いという噂があります。
とはいえ、プレイテックのソフトウェアは第三者である監査機関において、ランダムナンバージェネレーターのテストを受けていますので、安心してプレイができるので心配は要りません。

ボーナスハンターに厳しい

ボーナスハンターに厳しい

プレイテックはボーナスハンターに厳しいと言われています。
特に見に覚えがなかった場合も、ボーナスハンターと認定されてしまうこともありますので、くれぐれも注意が必要です。
自分に問題がないという場合もボーナスの権利を剥奪されてしまうこともありますので、気をつけましょう。

一度ボーナスハンターと認定されてしまうと、プレイテック系のカジノで情報が共有されてしまいます。
このため、他のカジノでもボーナスの権利を剥奪されてしまったり、あるいは新規のアカウントを新たに開設することが出来なくなってしまうこともあります。

ボーナス欲しさのために、多くのアカウントを開設するプレイヤーも一定数いますが、ボーナス乱用者と認定されてしまうことがありますので、くれぐれもそのような行為は避けるようにしましょう。
また、最初にプレイをするオンラインカジノはある程度選別しておくことがとても大切です。
集中的に遊ぶカジノだけ、アカウントを開設することがおすすめです。

儲け方を自由に選べるゲーム

オンラインカジノのルーレットは花形のゲーム

オンラインカジノのルーレットは花形のゲーム

カジノの中でも花形のゲームがルーレットです。
非常に有名なゲームで高い知名度があります。
日本人でもこのルーレットは知っている方がほとんどです。

ドラクエのルーレットやチャットルーレット、ロシアンルーレットなど、さまざまなルーレットがありますが、初心者からコアなベテランプレイヤーまでが楽しめる魅力があります。

ルーレットは、シンプルなゲーム性が特徴なのですが、プレイヤーが配当を自由に決めることが出来るという特異性を持っています。
このため、ルーレットはカジノを攻略する上でもメリットのあるゲームです。

そこで、オンラインカジノのルーレットの概要について見ていきましょう。

ルーレットの基本的なルールとは?

ルーレットのルールはとても簡単です。
回転盤に玉が回し入れられ、それがどこに落ちるのかをベットをして予測するというゲームになります。
進行はディーラーが行い、プレイヤーはここだと思うポイントに賭けるだけです。

ヒットやスタンドといった概念はありませんし、レイアウトを利用して、チップを置く場所を決めるだけです。
該当の場所に玉が落ちることで、賭けた金額の分の配当を受け取ることが出来ます。

どの場所にいくらベットするかという簡単な予想だけで済みますので、難しいルールを覚える必要がありません。
出たとこ勝負となりますが、ゲーム性も華やかですし、レイアウトを覚えておくとスリリングなゲームが楽しめるというメリットがあります。

ルーレットの魅力とメリットとは

ルーレットの魅力とメリットとは

オンラインカジノのルーレットは、ベットをする場所によって配当が異なりますので、プレイヤー自身が自由に配当を選ぶことが出来るという点が大きなメリットです。
そういったゲームは他にありませんので、配当を自分で選ぶことが出来るというのは十分なメリットといえます。

また、ルーレットは初心者でも楽しめるシンプルなゲーム性で、覚えることも少なく入り込みやすいのもメリットです。
ライブカジノでは、本場さながらのスリルを楽しむことが出来たりと、テーブルで一体となって楽しめるのも魅力です。
上級者になれば、レイアウトを作成編集して、楽しむことも出来ますし、数々の攻略法を駆使して楽しめるという奥が深いゲームでもあります。

ルーレットの賭け方のポイント

ルーレットにはまずは賭け方が二つあると考えておきましょう。

まずは、インサイドベットという賭け方です。
これは、数字に賭ける方法で1~6つまでの数字に賭けることが出来ます。
これは一般的な賭け方で誰もがイメージしやすい賭け方ですが、当たりにくいということもあり、配当がとても大きいです。
1つの数字を狙って賭けることによって、実は36倍もの配当を受け取ることが出来ます。

そして、もう一つがアウトサイドベットです。これは数字以外の部分に賭ける方法で、たとえば、赤・黒、奇数・偶数といった点で賭けます。
広範囲に及びますので、数字を狙うよりも当たりやすいので、配当は2~3倍になります。
外しにくいということもあり、初心者だったり、安定して勝ちたい人に向いている賭け方となっています。

インサイドベットの賭け方の特徴

インサイドベットの賭け方の特徴

インサイドベットの賭け方ですが、まずは1目賭け~6目賭けがあります。
配当は6~36倍までとなります。
1目賭けをストレート・アップと呼び、2目賭けをスプリットといいます。これは、隣り合った数字に賭けます。
そして、3目賭けをストレートと呼び、3列の3つの数字に賭けます。4目賭けをコーナーと言い、レイアウトで隣り合っている4つの数字に賭けます。
5目賭けは、アメリカンルーレットのみ対応となっていて、ファーストファイブと呼び、00・0・1・2・3に賭けることになります。配当は7倍とあまり高くないのでおすすめできません。
そして6目賭けのシックウェイと呼び、ストリートの二つ分に賭けるという賭け方があります。
それぞれ、列やコーナー、そしてエリアでルールが決まっていますが、数字に賭けることが特徴となっています。

アウトサイドベットの特徴や賭け方

アウトサイドベットは、数字以外の部分、エリアに賭ける賭け方です。
コラムとダズンという賭け方では、1列賭け、ダース賭けという形で、レイアウト上の縦一列、そしてダースごとにいづれかに賭けます。
これらの配当は3倍になります。

そして、ハイ・ローといって、前半分・後ろ半分の数字に賭けるもの、レッド・ブラックといって赤・黒のいづれかに賭ける、オッド・イーブンといって奇数・偶数に賭けるという賭け方も存在します。
ベットする範囲が大きいこともあり、配当は2倍です。

オンラインカジノのルーレットの種類とは?

オンラインカジノのルーレットの種類ですが、アメリカンルーレット、ヨーロピアンルーレットと種類があります。
ヨーロピアンルーレットが、0~36の数字があるのに対し、アメリカンルーレットはこれに00という数字が加わりますので、ヨーロピアンルーレットのほうが勝ちやすいと言われています。

賭博罪に抵触しない安全なギャンブル

オンラインカジノは違法?

オンラインカジノは違法?

オンラインカジノを始めるまでに知っておきたいのが、法律的な問題点です。
オンラインカジノが違法になってしまうかどうか、始める前に不安があるという方も多いです。

オンラインカジノは日本でまだ馴染みがないこともあり、誤解されている部分も多いですが、実は日本国内で違法と断じられているわけではありません。
オンラインカジノの法律的な事に関して、日本国内では合法とは言い難いですが違法とも言えないという状況です。

オンラインカジノの法律的なことは少々複雑で、専門家たちの間でも意見が分かれている状態です。
オンラインカジノで遊ぶ上で、法律的にはどうなのかということについて詳しく知っておきたいものです。

そこで詳しい部分についてご紹介をしたいと思います。

オンラインカジノについては法律に明記されていない

オンラインカジノは日本の法律でどのように記載されているのでしょうか。

実は日本国内の法律に、オンラインカジノについて明記されている部分はありません。
オンラインカジノについての法律自体が存在しませんので、日本の法律で規制されているわけではないのです。

実は日本の法律は制定されたのは昔のことですので、インターネットの誹謗中傷に関しても、法律で裁くことが出来ないなど、対処できていないぐらいです。
インターネットが普及し、オンラインカジノが広まったのも最近のことですので、日本の法律ではこれに対応をしきれていないというのが現状です。

日本の賭博罪とオンラインカジノについて

日本の賭博罪とオンラインカジノについて

オンラインカジノは、法律に明記されていなくても、賭博罪に引っかかってしまうのではないかという疑問が生じてきます。

しかし、賭博罪という法律の仕組みとして、実は胴元が国内に存在していて初めて成立する罪になります。
たとえば、賭博をする場所を提供しているなど、賭博場開帳図利罪などによって、胴元を摘発する必要があるからです。

ところが、オンラインカジノの場合は海外にサーバーが置かれていて海外の業者が運営をしています。
このため、日本の国内の賭博罪が通用しなくなってしまいます。

オンラインカジノというのは、なんら違法性のある存在ではありませんし、海外で合法的に運営されているサイトです。
従って日本の法律でこれを裁くことは出来ませんし、そんなことをすれば国際問題に発展してしまいます。

オンラインカジノはこのように賭博罪には当たらないので、プレイヤーの方は特に心配をする必要はありません。

日本国内で運営されているオンラインカジノには注意を

日本人がオンラインカジノを選ぶ際には、法律的な観点から言うと、海外で運営されているオンラインカジノを選ぶ必要があります。
これが国内で運営されているオンラインカジノになってしまうと、賭博罪に該当してしまいますので、摘発の対象となってしまいます。
日本で運営されていないか、サーバーは海外に置かれているかなどをまずは最初にチェックするようにしましょう。

日本のサーバーでカジノサイトが運営されていれば、要するにオンラインカジノが日本で運営されていることになり、賭博場開帳図利罪に当たってしまいます。
違法になりますので、そういったサイトは避けるようにしましょう。

オンラインカジノのプレイヤーで逮捕された人はいるのか

オンラインカジノのプレイヤーで実際に逮捕された人がいるのかという問題ですが、日本国内でオンラインカジノをプレイしていて、逮捕されてしまった人は存在します。

2016年に、国内の日本人プレイヤーが逮捕されてしまった事件がありました。
しかし、最終的に不起訴処分を勝ち取っており、実際に処罰されてしまったケースは一つもありません。
この件に関しても、プレイヤーが略式起訴を受け入れず、裁判で争う姿勢を貫いたところ、最終的に不起訴処分となりましたので、警察も形だけの摘発であり、落とし所を略式起訴としていたのでしょう。
実際にオンラインカジノの違法性を立証することは困難であるということが分かります。

また、検察も一度不起訴処分とした事件を再度取り上げるとは考えにくく、今後もオンラインカジノのプレイヤーが摘発される可能性は極めて低いです。

カジノ整備法が成立 オンラインカジノはどうなる?

カジノ整備法が成立 オンラインカジノはどうなる?

このたびようやくカジノ整備法が成立され、カジノが国内で合法化されることになりました。
ここで気になるのが、この先オンラインカジノがどうなっていくのかという問題です。

オンラインカジノについては、このカジノ整備法においても明確にされておらず、今までと同様にグレーゾーンのままになっています。
しかし、カジノ整備法でも、オンラインカジノが明確に禁止と断じられたわけではありませんので、今までどおりプレイヤーがオンラインカジノをプレイしても問題ないと言えるでしょう。

今後、海外の諸国が合法化する流れによって変わってくる可能性もあります。
政治家たちもこれをもちろん知っています。
日本でもオンラインカジノが解禁される日も近いのではないかと予想されています。

オンラインカジノの危険性とその対策

優良なカジノばかりではない

優良なカジノばかりではない

オンラインカジノというと、楽しいギャンブルの一つと考えられていますが、実は優良なカジノばかりではありません。
それどころか、プレイヤーをカモにして、支払いに応じなかったり、支払いを遅延させて、夜逃げしたりといった信じられないような行為を行うカジノもあります。

カジノの世界は玉石混交の世界です。
信じられるかどうかは自分の目で見極める必要がありますし、優良とされている評判の高いカジノを見分けることが、楽しく遊べるポイントなのです。

そこで、悪質カジノに引っかからないためにはどのような点で選ぶ事が大切なのでしょうか。

登録前に情報を細かく確認

オンラインカジノの中でも、こういった悪質なカジノに引っかかってしまえば、いくらプレイをしてもそもそも勝つことが出来ないケースがほとんどです。

見分けるための方法として、登録前にまずは情報を確認しましょう。
たとえば、ライセンスの有無や、外部の監査機関での認定を受けているかどうか、ソフトウェアは信用できるものを使っているかどうかという点をチェックしましょう。
劣悪なソフトを使用しているオンラインカジノは絶対に避けておくべきです。

一度サポート体制のチェックをするためにも問い合わせメールを出してみると分かりやすいです。
また、運営元の記載が無かったり、規約がどこにも確認できない場合も要注意です。

決済方法の案内が曖昧、知らない決済方法である

ソフトウェア以外にも、決済方法の案内が曖昧だったり、大手の有名な決済サービスの利用を勧めていないようなオンラインカジノは要注意であるといえます。

信頼できない決済サービスを利用しているところは、怪しいカジノである可能性は非常に高いので注意をしましょう。
そのための案内の記載も、著しく不親切な場合も避けておくべきです。

情報を収集すること

悪質カジノに引っかからないようにするためには、まずは最新情報を入手することです。
しかし、検索をしても、ヒットしないようなカジノは、その時点で要注意です。
ユーザーがあまりプレイをしていなかったり、知名度がない場合、情報が無いということもあり、危険性が高いので注意をしましょう。

また、プレイヤーの生の口コミを比較することも大切です。
しかし、中には口コミや評価が異様に高く、宣伝ばかりされているようなカジノもあります。
これはサクラの可能性もあり、自作自演をしている可能性もありますので、くれぐれも慎重に選びましょう。

オンラインカジノとギャンブル依存症問題

オンラインカジノとギャンブル依存症問題

オンラインカジノは、気軽にストレス解消の一つとして娯楽で楽しむなら良いですが、あくまでも余剰金で楽しまなければ、身を滅ぼしてしまう危険性があるといえます。

オンラインカジノはクレジットカードで入金するため、現金がなくなってしまう感覚が掴めず、つい限度額いっぱいまで使い切ってしまうといったこともあります。
中にはギャンブル依存症になり、借金をしてしまうというケースもあります。
ギャンブル依存症には特に注意が必要なのです。

日本でもギャンブル依存症の方の数は、500万人以上であると考えられています。
この数は人口の5%になり、非常に多いといえるでしょう。

オンラインカジノによってギャンブル依存症に陥ってしまう人の特徴ですが、初心者でも思いがけず勝ててしまい、そしてその記憶が鮮明に残り続けてしまうというパターンです。
次こそは勝てるだろうという心理になってしまい、次々にお金をつぎ込んでしまうのです。
ギャンブル依存症になってしまうと専門機関での治療が必要になります。
自分の意思ではけして止めることが出来なくなってしまいますので、要注意です。

オンラインカジノとスパム広告の罠

オンラインカジノに関するスパム広告を見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。
悪質なWEBマスターによって、多くの掲示板やブログにスパム広告が貼り付けられてしまうというケースは非常に増えています。
優良なオンラインカジノがこういった行為をすることはありませんが、悪質なカジノはこういったスパム広告を進めていて、業界全体のマイナスイメージになっています。

こういった問題には何かしら対策が必要なのではないかと考えられています。

オンラインカジノのサービスの水準の低さ

オンラインカジノのサービスの水準の低さ

オンラインカジノはまだまだ新しいギャンブルです。
このため、サービスの水準がそれほど高くはなく、他のサービス産業と比較しても劣っている部分があるといえます。

サポートでは、英語あるいは日本語が通じなかったりと行ったこともありますし、時間の制限がある場合もあったり、酷い対応をされてしまうということも珍しくはありません。

初心者の方は、何かトラブルが遭ったときに困ってしまわないように、顧客サービスがしっかりとしたカジノを選ぶようにしましょう。
色んなオンラインカジノがありますが、日本語サポートが充実しており、評判の高いカジノを選ぶ事が大切です。

不正の有り無しと法的扱い

オンラインカジノには不正はあるのか

オンラインカジノには不正はあるのか

オンラインカジノは、パソコンで出来るギャンブルということもあり、プログラムに不正があるのではないかと思われがちです。
何連続も負けが続いてしまうと、イカサマ、詐欺なのではないかと疑ってしまう方は多いでしょう。
実際に、負けがかなりの割合で続いてしまうこともあります。

しかし、オンラインカジノのペイアウト率は一定になっているので負けが続いてしまうこともあり得ますし、これは不正ではありません。
また、オンラインカジノは不正をする事が出来ない仕組みになっています。
数千もの多くのカジノがある中で、中には悪質なオンラインカジノも存在しています。

しかし、優良とされているオンラインカジノには不正はなく、イカサマや詐欺もない安全性が非常に高いギャンブルと考えられています。

オンラインカジノの運営とライセンス

オンラインカジノは、国が発行しているライセンスを取得しなければ、運営することが出来ません。
ライセンスの発行基準は極めて厳しく、日本のパチンコやスロトット比較できないほど厳しい基準となっています。
大まかな審査項目として、オンラインカジノの運営にあたって、資金や経営能力があるかどうか、ペイアウト率が偏っていないか、反社会的行為を行っていないかなどの監査が入ります。

ライセンスの審査には6ヶ月以上の月日がかかり、徹底的に審査されることになります。
ライセンスの発行には高額な発行料もかかりますし、それを更新することも必要となります。
オンラインカジノは不正をすることが出来ない仕組みとなっており、運営業者側も、高額な発行料を支払い長い月日をかけてまでイカサマをするメリットは一つもありません。

外部の監査機関を介入させている

オンラインカジノ側は外部の監査機関を介入させており、複数の項目に沿ってカジノに不正がないか監査をさせています。
不正や詐欺、イカサマがないということをプレイヤーへとアピールしており、これらはデータ化され、公表されています。
審査項目は、ペイアウト率が一定か、ソフトウェアは公平であるか、プログラムに不正はないかなどの監査になります。

外部の監査機関を介入させている

絶対に不正が出来ない仕組みとなっており、プレイヤーもこれを見てプレイをするので、信頼できないオンラインカジノは人を集めることが出来ない事になります。

カジノ側は儲かる仕組みになっている

オンラインカジノは、慈善事業ではなく、ハウスエッジは常にマイナスとなっており、胴元が最終的には儲かる仕組みとなっています。
よって、カジノ運営側が詐欺や不正をするメリットはなく、プレイヤーも安全に遊べると考えられています。

違法ではないが合法とも言えないギャンブル

オンラインカジノは97%という高すぎる還元率、億を超える配当金を得られるジャックポットなど、その他のギャンブルにはない魅力的な部分があり、その人気は今でも右肩上がりに高まっています。
そうした世界的な人気の影響から日本人プレイヤーの数も増えてきていますが、オンラインカジノの違法性に不安を感じながらプレイしている方も少なくはありません。

違法ではないが合法とも言えないギャンブル

現在の法律では国内でのカジノ営業は禁止されています。日本国内でカジノと言えば、裏カジノ、闇カジノと呼ばれる違法ギャンブルが頭に浮かぶことでしょう。
しかし現在の法律で禁止されているギャンブルはカジノだけではありません。国営ギャンブルの競馬や宝くじ以外のギャンブル全てが禁止されています。
パチンコの場合は、店舗、景品交換所、換金所と3つそれぞれが別の店である三店方式という方法を用いて、法を上手くかいくぐっています。
それではオンラインカジノはどうなのかというと、結果から言えば違法ではないけれど、合法とも言えないグレーなギャンブルです。

オンラインカジノは海外の企業が運営し、開帳場所となるサーバーも同じく海外にあります。
原則、現在の日本の法律は国内での犯罪不正に対して効力を発揮するものなので、運営者や開帳場所が海外にあるオンラインカジノを裁くことはできません。
ですので、オンラインカジノでお金を賭けてプレイしても法により裁かれることはありません。

オンラインカジノを利用する際に気をつけるべきところ

オンラインカジノは合法なギャンブルとして認められてはいませんが、違法として取り締まりを受けることもありません。
しかし、オンラインカジノで逮捕者が出たというニュースを時々目にすることがあります。
グレーなギャンブルであるのに逮捕者が出るのはどういうことなのかというと、それは日本人をターゲットにしたサービスを提供していると判断されたからです。

日本国内にサーバーが置かれているオンラインカジノを利用したり、日本人や日本に拠点を置く会社の決済代行を利用したりすると、それは完全に法に触れてしまいます。
オンラインカジノがグレーなギャンブルとして存在するのはオンラインカジノが海外にある、海外の人向けのギャンブルだからです。
そこにどのような形であれ、日本人が関わりを持ってしまうと、日本の法律の適応範囲となり、違法ギャンブルを利用したとして法によって裁かれます。

オンラインカジノを利用する際は、そのオンラインカジノがターゲットを日本人に合わせたものでないか、また、日本人が仲介として関わっていないかをよく下調べしてから利用するようにしましょう。

儲かりすぎるのに法的に問題はないの?

家に居ながら遊べるカジノ

家に居ながら遊べるカジノ

ラスベガスやマカオでギャンブルを楽しみたいと思っても、多額の軍資金を用意しなければなりませんし、一泊程度では足りないのでまとまった休みを取らなければなりません。
ネオン輝くカジノ街にはなんともいえない魅力がありますが、実は家にいながらもカジノ店と変わらないゲームをお金を賭けてプレイする方法があります。

インターネットの世界は年々進化し、今ではカジノもインターネット上に存在します。
そのインターネット上のカジノはオンラインカジノと呼ばれ、欧米では数千万人というプレイヤーが日昼夜問わずゲームをプレイしています。

オンラインカジノが持つ魅力

オンラインカジノにはカジノ店よりも魅力的な部分がいくつもあります。
その一つが高額な利益を期待出来るということです。

日本で利用出来るギャンブルでは1日頑張ってもせいぜい数十万円の儲けが限界です。
ところがオンラインカジノは数百万円、数千万円、そして億をも超える高額金を獲得することが可能です。

大きく賭けて高額金を得ることも出来れば、ルーレットの1点買いシングルナンバーと呼ばれる倍率の高いものに賭けて大きな利益を得ることも出来ます。

そして日本でも馴染みのあるスロットゲームにはジャックポットというシステムがあります。プレイヤーがベットした金額の一部が蓄積されていき、ある条件下でその蓄積された金額が放出されるというシステムです。

際限なく儲かるオンラインカジノ

際限なく儲かるオンラインカジノ

数十万、数百万円で放出されるものが多いのですが、その中にはなんと数億円という驚くべき高額金を放出するジャックポット搭載機もあります。
しかもスロットマシンをはじめとしたカジノのゲームはペイアウト率が97%を超えているので、簡単に遊べるだけでなく当たりもかなり出やすく、適当にクリックしてリールを止めても当たりを引くことが出来ます。

オンラインカジノの違法性

こんなにも儲かるギャンブルなのに日本ではカジノが法律で禁止されているため、オンラインカジノも同じカジノという枠で考える方が多くまだ人気はそれほど高くありません。

実際オンラインカジノが違法なのかという点は、気になるところです。
結論からいえば、オンラインカジノは違法でも合法でもないグレーゾーンとされています。

何故ならオンラインカジノを禁止する具体的な法律は、現在日本には存在していません。
オンラインカジノに関して明記されている法律は一つもありませんので、オンラインカジノは違法でもないが合法でもないという見方がされているのです。

オンラインカジノは、海外業者が運営をしている

オンラインカジノは、海外の業者が運営をしており、日本国内で金銭のやりとりが行われていたり、また賭け事の場所が提供されているというわけではありません。
サーバーも国外にありますし、そういった事情から、日本の法律だけで、裁くことが出来ないのです。

また、オンラインカジノそのものは、合法的に海外で運営されていて、ライセンスを取得して、運営されています。
これを日本の法律で取り締まることは出来ませんし、そんなことをすれば、国際問題に発展してしまいます。
このため、オンラインカジノに関しては、法律的には、グレーゾーンであり、さらには、日本の法律で裁くことが出来ません。

オンラインカジノで確実に違法なのは?

オンラインカジノで確実に違法なのは?

日本国内においてのオンラインカジノは、このように違法でも合法でもないのですが、確実に違法となってしまうことがあります。
それは、日本国内で運営されている業者のオンラインカジノで遊ぶことです。オンラインカジノを選ぶ際には、サーバーや運営の所在地をしっかりと確認しましょう。

また、オンラインカジノが、合法とされている国で、ライセンスを取得しているかどうかもチェックする必要があります。
ライセンスを取得していないということは、違法である可能性が高いので、こういったオンラインカジノでは遊ばないようにしましょう。

インカジは危険!その理由とは?

オンラインカジノをお店の中で提供している「インカジ」が摘発されています。
こちらのインカジがなぜいけないのかというと、インカジは、自宅で遊ぶオンラインカジノとは違い、お店で金銭のやりとりがなされており、胴元が賭け事の場所を提供しているからです。

こちらのインカジに関しては、摘発が相次いでおり、経営者はもちろんですが、足を踏み入れた、プレイヤーも逮捕の対象となってしまいますので、十分に気を付けるようにしましょう。
オンラインカジノが問題ないからといって、インカジも問題ないというわけではないことを知っておく必要があります。

パソコン以外でも遊べるオンラインカジノ

ソフトウェア

カジノゲームの仕組みについて

インターネット回線を利用して、本格的な「カジノゲーム」を楽しめるのがオンラインカジノです。運営に関しては、海外拠点のカジノ業者がおこなっています。では、「カジノゲーム」はどこが作っているのでしょう?「カジノ業者が作っているのではないのですか?」。このように考えているカジノ初心者は少なくないかも知れません。実は、カジノ業者は「ゲームの開発会社」からサービスを受けているに過ぎないのです。言い方を変えるならば、同じゲームを複数のカジノで楽しめることになります。この「ゲームの開発会社」を「ソフトウェア会社」とよび、「カジノゲームの肝(きも)」と考えて下さい。オススメの「ソフトウェア会社」をつぎの項目で紹介しましょう。

ネットエント

オススメのソフトウェア・ネットエント

「ネットエント」はオススメの「ソフトウェア会社」です。スウェーデンとマルタ共和国に拠点をおき、ストックホルム証券に上場しています。「グラフィクス」が美しく、「サウンド」も優れているため、多くのプレイヤーに人気があります。しかし、「ネットエント」がもっとも特徴的なのは、「ノーダウンロードタイプ」の「カジノゲーム」を配信している点となります。「ダウンロード」不要でゲームをスタートさせられますから、「記憶容量」に負担をかけません。モバイル端末に最適だと思いませんか?しかも「ダウンロード時間」もかかりませんから、「イライラ」せずに済みます。以前はインターネットの通信速度に問題があり、大量のデータ配信が難しかったのですが、現在では通信速度が飛躍的にアップしこの点が解消されたため、「ノーダウンロードタイプ」であっても、遜色(そんしょく)のないゲーム内容で安心してプレイに没頭できます。

信頼性

ネットエントの信頼性

ソフトウェアの「信頼性」を考えたことはありますか?カジノゲームはギャンブルですから、公正にプレイできなければそれは「詐欺」です。実際に、カジノでは「詐欺サイト」の存在が報告されています。つまり「カジノサイトの信頼性」と「ソフトウェアの信頼性」は同義に考える必要があるのです!
ネットエントはスウェーデンとマルタ共和国に拠点をおき、ストックホルム証券に株式の上場を果たしています。上場企業ということは、それだけ社会的信用を得ており、「ネットエントの信頼性」を担保するものです。
また、第三者機関による審査を定期的に受けており、企業コンプライアンスもしっかりとしています。クオリティの高い経営をおこなっていますから、「信頼性抜群」と考えてよいでしょう。

BIGBANG

安定した人気のビデオスロット

「ネットエント」では、ハイクオリティなスロットをコンスタントに発表しています。ほとんどのスロットが「プログレッシブタイプ」であり、大当たりの出現が楽しみの機種となっているのです。ちなみに「プログレッシブタイプ」とは、同一機種におけるベット額の一部を積立てていき、ジャックポット(大当たり)が出現したら総取りできるものです。驚愕の大当たりを目指してみませんか?

モバイルでも人気のライブカジノ

オンラインカジノ全般で「ライブカジノ」は人気となっています。やはり、「美女ディーラー」に相手してもらえるのは最高です。「ネットエント」も2013年に「ライブカジノ」を立ち上げています。具体的には、マルタ共和国に専用の「カジノスタジオ」を立ち上げており、年中無休で運営しているのです。「ライブ配信」ですから、プレイ中にディーラーへ話しかけることも可能であり、臨場感たっぷりにプレイを楽しめます。内容は2種類のブラックジャックとルーレットを備えており、豪華な設え(しつらえ)となっていますから、雰囲気を楽しんでください。

モバイルプラットフォーム

モバイル端末専用のプラットフォームについて

「ネットエント」では、スマホやタブレット端末に向けて特化したカジノプラットフォームを2011年に発表しました。名称を「ネットエントタッチ」としており、ビデオスロットやブラックジャックおよびルーレットを楽しめます。専用のプラットフォームですから、操作性抜群となっています。興味がある人は一度お試しになってみませんか?